トップ «前の日記(2006-05-22 (Mon)) 最新 次の日記(2006-06-08 (Thu))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2006-05-24 (Wed)

Updated: 2007-09-08 05:53 by Kaoru Norimoto

[国際][防衛][政治] 多国間の軍事同盟に参加を可能とするための憲法改正を急げ

日本国憲法第9条を杓子定規に読むと、集団的自衛権は行使できないことになるので、NATOのような地域的多国間軍事同盟の一員になるなどもってのほか、と云うことになってしまう。この制約から逃れるために憲法第9条の第2項だけでも廃止すべきという意見と、それは軍事大国化への第一歩につながるから駄目だ、という意見があるようである。

しかし、日本が多国間の軍事同盟に参加できないようにしておくことが本当に軍事大国化を防ぐ道なのだろうか。かえって独力で戦略核を持たなければならないような事態に追い込まれないか、非常に心配である。軍事的に無防備でいて国家存亡の危機を招き、追い詰められてあわてて超法規的に核武装というのが最悪のパターンであるが、追い詰められて止むに止まれずという行動パターンを好む日本人の国民性からして、このシナリオが具現化しないか非常に心配である。

アジア・オセアニア地域ではNATOのような形で中露に対抗しうる多国間軍事同盟が現段階で可能とは思えないが、いざという時のために普通の国なら当然の如く行使できる権利である集団的自衛権を日本も行使できるようにして、何時でも必要となれば多国間の軍事同盟に参加できるようにして置くことは、中国が現実の軍事的脅威になりつつある現在、緊急の課題ではなかろうか。それは必要最低限の防衛力で国家を防衛するための必要条件である。

[雑事] 有事と日本人の心性

「かくすればかくなるものと知りながら止むに止まれぬ大和魂」という吉田松陰の有名な歌がある。私が和歌の中で唯一つ嫌悪を感じる歌である。超法規的処置と言う言葉がある。これも大嫌いな言葉である。しかし、日本人の心性の深いところにこうした不条理を許すものがあるのは間違いない。

しかし、有事の際にこのような心性が顔を出しては不味いのである。予め決めておく必要のあること、特に有事の際の私権と国権の関係についてはきっちり決めておいて欲しいものである。その辺やはりスイスと言う国は抜かりがない。民主主義を貫きながらも、有事の際の私権の制限についてきっちり国民に広報、教育している。また、有事であっても守り抜かねばならない民主主義的価値を示す事も忘れていない。その合理性に貫かれた行動様式は見事である。もし第三次世界大戦が勃発しても、この国だけは生き残るだろうと思わせるものがある。

果たして私を含めた日本人は、有事の際に合理的な行動で生き延びることが出来るのだろうか。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。