Maple Leaf Diary -楓葉日記-

トップ «前の日記(2018-02-12 (Mon)) 最新 次の日記(2018-03-10 (Sat))» 編集
過去の日記
配信中のRSS表示

2018-03-05 (Mon)

Updated: 2018-03-08 19:17 by Kaoru Norimoto

[音楽][PC][Web]自宅にある音楽ファイルをインターネットで聴く方法の別解

当日記の2016年1月16日付のエントリー「自宅の音楽ファイルを合法的にインターネット越しに聴くために」で考察したように、自宅にある音楽ファイルをインターネット越しに聴く行為は「家庭内LANはもちろん、インターネット経由であっても自分や家族が聴く分には問題ない」ようである。自分だけが聴く分には公衆送信権の侵害という問題は出てこない。これはJASRACでさえ認めていることである。

そこで、インターネット越しに自分の音楽ファイルを聞くために、WebDAVサーバーを立てて利用していたのだが、その後もっとスマートな方法を見つけた。DLNAサーバーとBubbleUPnPサーバーを併用することで、もっと簡単に目的を達することが出来るのである。

やり方はいろいろ考えられるが、foobar2000をDLNAサーバーとし、BubbleUPnPサーバーを後付けするのが私の環境では一番簡単そうだった。その場合の手順としては、

  1. foobar2000を通常通り設定する。
  2. foobar2000にUPnP/DLNAのコンポーネントを追加し設定する。
  3. BubbleUPnPサーバーをインストールし設定する。
  4. ルーターにポート58050、ポート58051に対するIP転送を設定する。
  5. クライアントに必要な設定を行う。

これだけである。

具体的なやり方はネットワークの基礎知識があり、サーバーを立ち上げた経験があれば決して難しくない。

foobar2000の設定
一から始めるfoobar2000」を参照されたい。
foobar2000にUPnP/DLNAのコンポーネントを追加し設定
foobar2000をネットワークオーディオ化する手順」を参照されたい。
BubbleUPnPサーバーをインストールし設定
【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverを使ってプレーヤーをOpenHomeに対応させる 」と「Bubble UPnP Serverを使用して外出先から自宅ライブラリを聴く」の両方を参考にしてほしい。前者はインターネットアクセスしないことを前提に書かれている。後者はBubbleUPnPサーバーが稼働してからの話。
ルーターにポート58050、ポート58051に対するIP転送を設定
ルーターの静的ポート変換機能で出来る。
クライアントに必要な設定を行う
Bubble UPnP Serverを使用して外出先から自宅ライブラリを聴く」のクライアント設定(Bubble UPnP)の項を参照。foobar2000の場合は先のプラグインが入っていれば、View-UPnP BrowserでUPnPブラウザを立ち上げると出現するView-Add remote Internet UPnP serverを選んで必要な設定を入力するだけ。

多少の試行錯誤をすることにはなると思うが、それでもWebDAVサーバーの設定の時よりはスマートに目的を達することが出来た。これで「ネット時代になったのになんで端末にデータ入れないといけないんだよ!」という問題と「自宅の整備したライブラリーを外でも使いたいんだ」(何れも「Bubble UPnP Serverを使用して外出先から自宅ライブラリを聴く」より)という二つの問題が解決した。

パスワードとURLを秘匿して自分専用に使うことさえ守っておけば、JASRACも文句は言わないはずである。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。