Maple Leaf Diary -楓葉日記-

トップ «前の日記(2005-03-17 (Thu)) 最新 次の日記(2005-03-19 (Sat))» 編集
過去の日記
配信中のRSS表示

2005-03-18 (Fri)

Updated: 2005-04-19 01:49 by Kaoru Norimoto

[はてな] fotolifeのサウンド版が欲しい

手軽に写真をアップしてクリップし、はてなダイアリーにも貼り付け可能なフォトライフは便利で楽しいサービスですが、音声ファイルについても同様のサービスが欲しいですね。もしフォトライフと同じ感覚で自作のmp3ファイルを貼り付けできたら、作曲の練習にも張り合いが出ます。音楽の場合、写真以上に著作権問題が厄介ですが、検討していただけると幸いに存じます>id:hatenadiaryさま。

追記

……こう書きましたら、「iMacと竹笛のゆらめき」(id:Yunyさん)の3月15日付のエントリー(http://d.hatena.ne.jp/Yuny/20050315#p1)に音声サーバーについて書いてあるのを見つけました。同様の要望は意外と多いようです。

[はてな] 「香雪ジャーナル」の一連のエントリーより

「香雪ジャーナル」(id:yukattiさん)に「ゲマインシャフトとゲゼルシャフトからはてなを考える」という一連の「はてな」についての考察記事があります。いきなり引用文で申し訳ないのですが、

はてなは根本を絶対変えない。だから「(運営側から見てシステムが衰退の方向に)落ちない」ために逆に「馴染めないユーザーや疲れたユーザーは落とす(落ちる)」。そして「新規参入が絶え間なく続く」から、新陳代謝が有効に機能しているところはあると思う。新規参入を増やすために魅力的な機能を投入して使いやすくする努力は続けられているし、今いるユーザーに対しては毎週びっくりさせる機能を投入しつづけてツールとして飽きさせず日々新たに思わせるし、そしてはてなのやり口に馴染めないユーザーはやめてゆく。それだけじゃなく、熱心なユーザーが燃え尽きてやめていくことも運営側は見越しているとは思う。

この指摘は重いです。自分自身疲れたユーザーだと言う自覚があるだけに、じつに重く感じます。

ところで、はてなが1ユーザー単一ID制にこだわる理由についても指摘があります。

個人の活動を同一ID下に蓄積しそれを信頼のためのキーとして相手に開示させるやり方でゲマインシャフトなシステムを作ろうとしているはてなという道筋で考えたら別IDが受け入れられない(以下略)

以上の指摘もその通りだと思います。余談ですが、はてなスタッフ側が住所登録問題を提案した当初あまりシリアスな問題と考えていなかったのも、1ユーザー単一ID制の元では匿名性はいずれ剥がれていくものと考えていたからだと思っています。

そんなはてなのサービスを利用するのは大変に疲れる行為です。元々ブログでは実名を晒すべきと考えている私でも相当に疲れます。長い時間が経過するほどに自分の暗部や未完成な部分まで透けて見えてきて、誤魔化しが効かなくなる*1からです。

しかし、私が心理的ストレスを感じながらもはてなを未だに止めずにここに居るのは、やはりはてなのコミュニティに存在するゲマインシャフト的((ゲマインシャフト的:コアユーザーの皆さん方のはてなに対する態度はやはり共同体の成員としてのそれのように感じられます。))な部分に魅力を感じているのでしょうね。だから不完全な自分を晒して顰蹙を買う危険を犯してまではてなを使い続けるわけです。

それにしても、ゲマインシャフトやゲゼルシャフトなんて言葉、大学の社会学の講義で聞いて以来ですから、25年ぶりです。いかに医者の世界が教養と縁遠いか(自分だけかも)を改めて実感しています。

*1 誤魔化しが効かなくなる:例えば、柏木楓萌えとかアルトルージュ萌えとか日記に書いたら、その時点で趣味嗜好はバレバレになりますね。そういうことが積み重なっていくわけです。

[PC] ブラザー工業さんのプリンターって結構良かったんですね

ある医療機器に組み込まれた検査結果打ち出し用のモノクロレーザープリンターが、E社製のものからブラザー工業製のものに変更になっていました。話を聞きますと、以前のプリンターは故障率が高くてクレームが多かったのだそうですが、ブラザー工業製のものにしてからは修理がほとんど発生していないとのことでした。なかなかやりますね、ブラザー工業さん。というわけで、id:brotherblogさんのダイアリーにトラックバックを送っておきます。そんなに故障率が違うのなら例のキャンペーンに応募して置けばよかった……。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。