トップ «前の日記(2014-11-11 (Tue)) 最新 次の日記(2014-11-16 (Sun))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2014-11-12 (Wed)

Updated: 2014-11-17 13:30 by Kaoru Norimoto

[地理][Web] 札幌が嫌いというサイトとブログを見て

ここがおかしい!?北海道札幌市! 札幌が嫌いなHP嫌札幌~札幌が嫌いなブログというウェブサイトを見つけた。曰く、

  • 札幌の性質と北海道の性質では全くの別物。
  • 東京のように色々な人間が集まるために多種多様な価値観があるのが当たり前だと思えず、受け入れることが許されない札幌ルール(村社会)みたいなものがある。
  • 基本的にお客を物扱いする傾向にあり札幌社会のその無機質すぎる接客光景が恐ろしいくらいである。
  • 札幌人の性質が基本的に他者に無関心であり自分以外の周りが全く見えていない。
  • 札幌人は田舎の良さを捨てた田舎の悪い人間性を集めたような感じ。
  • メディアによる影響もあって札幌人は札幌が一番であり札幌こそが全てであり札幌しか知らず札幌の外(本州)に関心と機会が無いため自ずと札幌至上主義者になるしかない。
  • 札幌という治安の悪さが人を神経過敏にギスギスさせ暗く疲れた街にしているのかもしれない。
  • 札幌以外の道内他地域のブラック労働環境=札幌では標準的な環境である。

ここまで言われてしまった札幌だが、札幌育ちとしてはいくつかは認めざるを得ない。元々根がドライで他者に対する関心が薄く、不干渉という気風があるのは確かだ。しかし、田園都市線沿線も

決して道を譲らないし、複数人で歩く時は必ずといっていいほど道の真ん中を横一線に並んで歩いているし、歩きスマホ(携帯)もめちゃくちゃ多い。

という点では人のことは言えないと思う。これは高ストレス社会に特有な現象であって、札幌だけの現象ではないと思う。

また、このブログ・サイトの筆者は札幌を人情味が薄くドライな土地柄だと言いたいようだが、こういう町は他にも一杯ある。横浜や川崎もドライな土地柄だと良く言われるが、言われてみれば川崎と札幌にはどこか似た空気がある。筆者の言う、

常に時間に追われ余裕が無いためにせかせかして落ち着きが無いし、余所余所しいし、人が人を思いやることが難しい街なのだ。

190万人という人口の多さからか幾らでも代用になる人間が多いため人が人を軽く見る傾向が強い。

大きな特徴としては一見普通そうに見えるが実に陰湿陰険で計算高くドロドロしている場合が多い。

というのは、札幌ではなく、日本という国全体に共通して与えられるべきコメントであろう。少なくとも、関東の大都市にはすべて程度の差はあれ当てはまると思う。

筆者の札幌に対する余りの辛辣さに、札幌育ちの私としては考え込まされてしまったが、人口稠密地で雇用情勢の良くないところならどこでもこうなってしまうのではと思った。札幌の雇用情勢の悪さは半端ないものがあり、逆によくあの程度の雰囲気の悪化で収まっているものだと感じている。それでも昭和50年代に比べれば札幌にはずいぶん暗い雰囲気の人が増えてしまったように見えるのは認めざるを得ない。

北海道の将来に楽観的なものが見えない現状は当分変わりそうになく、本来内地を怖がる人が多い北海道人*1であるにもかかわらず、札幌を逃げ出したいという人が一定数出てくるのもどうしようもないのではなかろうか。

*1 内地を怖がる人が多い北海道人:昔の自分がそうだった。当時思っていたのは、「内地と言えば生き馬の目を抜く様な土地ばかりで、しかも田舎町である札幌と千葉や神奈川との間にはどうしようもない学力の差があって、札幌の中学校でトップでも神奈川の県立には入れる学校がないのでは? 札幌の偏差値70は神奈川の偏差値50に相当するのでは?」ということ。それで関東に引っ越すのを恐れおののいていた。昭和49年のことである。実際にはそんなことはなかったのだが。

[雑事] 中学校社会科のπ型、座布団型について

中学校での社会科の授業は1・2年地歴並行/3年公民というパターンと1年地理/2年歴史/3年公民というパターンが多く、前者をπ型、後者を座布団型というらしい。それぞれ特徴があってどちらが良いというものでもないのだが、一つ問題がある。もし中学校1・2年生の途中で転校すると、このパターンの違いのせいで履修内容にごっそり穴が開いてしまう。

私も2年生の途中で札幌から埼玉県に転校したので、π型から座布団型に途中で移行した。おかげで、中学の地理は東日本・北日本・外国地誌がごっそり抜けてしまった。教育界には地元の独自性優先で転校生に対する配慮を嫌う気風があるのか、転校生に対する配慮という議論を寡聞にして聞いたことがない。

日本の社会主義者はグローバリズムやナショナリズムを嫌い、地域主義に走る人が多いように見えるが、せめて国内レベルでは授業の順番くらいは統一して欲しいものだ。地域の独自性は授業内容で実現すればよいと思う。転校生を無視しても良い国私立の中高一貫校ならともかく、公立中学校ではπ型、座布団型の選択くらいは統一して欲しいものだ。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。