トップ «前の日記(2007-04-19 (Thu)) 最新 次の日記(2007-05-04 (Fri))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2007-05-01 (Tue)

Updated: 2007-05-01 15:14 by Kaoru Norimoto

[移動体通信][WILLCOM] ウィルコムに移行する場合の料金プラン

最近、ウィルコムが地味ながら注目されていて、PHSの復権の兆しがあるのは心強い限りです。mova端末のように(バースト出力での値とはいえ)800mWもの大出力の無線局を持ち歩くのは良くないことだと思ってまして、小出力でエレガントに使えるPHSがもっと普及して欲しいと思っています。

しかし、携帯からの乗り換え、あるいはダブルホルダーを考えている人にとって気になるのは端末の出力ではなく料金のことです。そんな人のためにウィルコムが料金シミュレーターなるものを用意していますが、実を言うと余り役に立ちませんでした。

前提としてそれまでの携帯の使い方と変わらない使い方をするという仮定が入るので、携帯のライト〜ミドルユーザーの場合、それまでの極力節約した使い方での見積もりをしてしまうようです。それが料金シミュレーターが余り役に立たない原因の一つになっているような気がします。そういう人がウィルコムに変わると、「使い放題」の味を占めてどんどんパケットを消費するようになります。ドコモユーザーであった時には恐々使った月3万パケットが、ウィルコムに来たら一日分にもなりません。パケット定額制のもたらす開放感から来る利用増がこんなに大きいとは、正直びっくりしています。

これからウィルコムにいらっしゃる方には、ウィルコムではパケット消費が携帯キャリアに居たときの10〜100倍になるという見積もりをされることをおすすめします。そして、最初の2ヶ月は料金の最適化に走るよりも、通話時間やパケット数の変動に強く、かつMy Willcomでパケット数の確認がしやすい、「ウィルコム定額プラン+データ定額」のような間口の広いプランにされることをおすすめします。

2ヶ月ほど経って、パケット数や通話時間の傾向がつかめてくれば、音声端末でも敢えて「つなぎ放題」、「ネット25」、「パケコミネット」を選択した方が良い場合の見極めがつくので、変化球を狙うのも良いと思います。

私の場合、ウィルコムとの3個契約の中身は昨日から「ウィルコムADSL」+「つなぎ放題」+「安心だフォン」となっています。「ウィルコム定額プラン」がどこにもありませんが、こうするまでにはいろいろ試行錯誤がありました。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。