トップ «前の日記(2007-02-05 (Mon)) 最新 次の日記(2007-02-09 (Fri))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2007-02-06 (Tue)

Updated: 2007-02-20 13:18 by Kaoru Norimoto

[政治] 外交と防衛政策のしっかりした中道左派政党が出て欲しい

安倍政権下で与野党ともにスキャンダルが多発していますが、それよりも気になるのは外交面で対中姿勢に腰が据わっているように見えないこと、防衛面で対米関係をギクシャクさせていること、内政面では経団連のやりたい放題を許していることです。

外交と防衛における対中姿勢がしっかりしていて、内政面で労働者をいじめない政党があれば、左派の新しいあり方として支持する人も多かろうと思いますが、現状ではアンチ自民即媚中政党ですから救われません。せめて英国の労働党並みの「第3の道」を標榜する中道左派政党が出てこないものかと思います。

かつて「外交と防衛は(小泉)自民党と同じでいい。」と言い切った前原前民主党党首には大いに期待していたのですが、あのころの期待はどこへやら、最近は暗澹たる思いにとらわれています。今のままでは先祖帰りした古い自民党と、社民党並みの媚中抵抗政党と化した民主党の二者択一になってしまいそうで憂鬱です。

[WILLCOM][移動体通信] WILLCOMで本当に節約できたのか?

私がWILLCOMに走ったのは、W-ZERO3[es]を使いたかったからなので、通信費の節約が第一義ではなかったのですが、やはり格安でいっぱい楽しめればうれしいものです。そこで、WILLCOMと契約する前と現在とで通信費がどう変わったかを振り返ってみました。

WILLCOMユーザーになる前は、自宅ではeAccessのADSL回線でBIGLOBEに加入していました。これが月額3,546円。これにNTT DoCoMoの携帯が月5,000〜6,000円請求されていましたので、大体8,500〜9,500円使っていたことになります。

現在はWILLCOM ADSLとつなぎ放題のマルチパック+高速化サービスですので、WILLCOMに支払う金額は月6,300円+音声通話の従量課金分(月150〜550円)です。一方のNTT DoCoMoについては、プランSSの無料通話分が使いきれない状態となっていますので、月2,037円。合計すると約8,500〜8,900円となり、節約になったかどうかは微妙なところです。

しかし、使い方が劇的に変わりました。WILLCOM導入前はiモードで月25,000パケットも使うと警戒水域のように感じていましたし、携帯電話にメールを転送するなんてパケット代が怖くて出来ませんでした。しかし、今ではインターネットラジオを受信して1日で60万パケット以上使ってしまっても、全てのメールをWILLCOMのアドレスに転送しても、その他何をどう使おうと、パケ死の心配は全く要りません。もし今の使い方でNTT DoCoMo一本なら、請求は月何万円になるのでしょうか。

通信費の圧縮にはあまり成功しませんでしたが、使い方の密度が向上しましたから、W-ZERO3[es]の購入には満足しています。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。