トップ «前の日記(2006-08-23 (Wed)) 最新 次の日記(2006-10-30 (Mon))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2006-09-12 (Tue)

Updated: 2006-09-12 15:03 by Kaoru Norimoto

[ゲーム] アリスソフト、新たに「鬼畜王ランス」他を無料配布許可

アリスソフトという18禁ゲームの老舗があります。「ランス」シリーズで有名なところです。この会社は投資資金を回収しきったゲームの無料配布を許可したり、「妻みぐい」のようなかなりテキスト量のあるノベルタイプのゲームを2800円という低価格で売り出したりと、思い切った販売戦略でユーザーの支持を得ています。

2006年9月1日、配布フリー宣言の対象タイトルが一気に13タイトル追加され、その中には「鬼畜王ランス」のような超大作まで含まれており、流石にこれにはたまげてしまいました。それで先週はちょっとしたお祭り騒ぎが一部で見られたようです。

しかし、

  • アリスくらいの老舗になると、旧作のリメイクといっても簡単ではない。
    • プラットフォームの変更に伴う移植性の問題
      • 異機種間の移植では熱心な有志の手を借りた方が合理的
    • ソフ倫の審査基準に無理に適合させると作品を損なう
  • 中古品にプレミアが付いてもメーカーには1円も入らない
  • ランスシリーズの場合、販促として体験版を作る手間よりも旧作の無料配布のほうが訴求力が高い
  • 過当競争の中、ユーザーに対するメーカーの姿勢をアピールする必要がある

という事情もあるわけで、アリスソフトにとっても無料配布を解禁するメリットは十分あるようです。

著作権を保持することで配布条件をコントロールし、旧作を広く共有財産として開放するやり方は、十分支持するに値するものです。流石はアダルトソフト作りに誇りを持つ老舗だけのことはあります。他のメーカーにはちょっと真似が出来ないのではないでしょうか。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。