トップ «前の日記(2005-09-19 (Mon)) 最新 次の日記(2005-09-28 (Wed))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2005-09-26 (Mon)

Updated: 2007-02-20 13:26 by Kaoru Norimoto

[ゲーム][移動体通信] いまさらですが携帯でDQ2

近い将来のPHSの廃止を見越して、NTTドコモがPHSからFOMAやmovaへの乗り換えキャンペーンを実施中です。PHSの契約者がFOMAへ乗り換える場合、端末代として2万円分を割り引くというなかなか太っ腹なキャンペーンで、筆者も8月下旬に紛失したN821iからSH901iCへの乗り換えにこれを使いました。パケットパック契約による端末代の割引とあわせるとなんと20,800円の端末代が0円になってしまいました。「いちねん割引」などの通算もOKというあたり、ドコモのユーザー誘導の本気度が伺えます。

さて、この機種ですとiアプリのゲームがそこそこ楽しめます。DQ2(ドラゴンクエスト2)のiアプリ版をダウンロードしてプレイしました。ファミコンに比べて非常に操作しやすく、ゲームのサイズも手ごろで、難易度も調整されていて、ファミコン時代とはプレイしやすさは雲泥の差でした。

実は、ドラゴンクエストのシリーズで唯一途中までしかやってないのがDQ2だったので、エンディングにたどり着いたときはちょっとした感慨に浸っていました。つくづく思うのは、このシリーズは第2作にしてすでに基本形が出来上がっていたのだなあ、と言うことです。「ウルティマとウィザードリィのいいとこ取りをしてお涙頂戴を一滴加えた、それがドラクエ。」という評がありましたが、さすがにヒットした作品だけのことはあり、久しぶりのゲームですが楽しめました。

9/28/2005追記

ファミコンではひらがな表記だったアイテムが、携帯版では漢字表記になっています。「はかいのつるぎ」って「破壊の剣」だったのですね。今まで「破戒の剣」だと思い込んでいました。

[国際] 私の「認識台湾」より

私の「認識台湾」の本日付の台北で軍事予算成立要求デモ〜他人事で済まない中国の覇権行動記事という記事にこんな一文が出ておりました。

南米を外遊中の陳総統は、「野党による執拗な防衛装備調達案に対するボイコットの裏には野党指導者と中国政府との癒着がからんでいることは、国民の目から見ても明白だ」と野党の売国ぶりについて注目すべきコメントをしていますが、シーパワー志向の与党と、中国というランドパワーとの統一を目論む野党との対立が様々な局面で激化するのは今後も必至のようです。

同じような状況に日本が陥る可能性もあったわけで、親中派の代表格の橋本派を弱体化させた小泉氏を支持し、岡田体制の下で中国への傾斜を強めていた民主党を総選挙で大敗させた民意というのは、実に絶妙であったとしか思えません。ただし、台湾の独立派のように自覚的であったかと言われると自信はないのですが。

日本の立場は台湾と非常に近いものがあり、今後の日本は、台湾やオーストラリアなど(曲がりなりにも)民主主義を奉じる国同士の連携を図り、海洋国家としての針路を取るのが良いと思うのですが、そういう考え方で総選挙に臨んだ候補者というのは果たしていたのでしょうか。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。