トップ «前の日記(2004-10-06 (Wed)) 最新 次の日記(2004-10-14 (Thu))» 編集

Maple Leaf Diary -楓葉日記-

過去の日記
配信中のRSS表示

2004-10-07 (Thu)

Updated: 2005-04-22 01:16 by Kaoru Norimoto

[ゲーム] ゲームの選択肢

RPGでもADVでもSLGでも、コンピューターゲームをプレイする時には選択肢の選び方が重要になります。ある程度慣れて来ると、スタッフロールがちゃんと出るエンディングに行くために作為的な選択肢を選ぶことになり、意に沿わないプレイを強いられることになり、ストレスが貯まって来ることになります。特に18禁のギャルゲーではそれが顕著なのです。それが嫌なので「まじかる☆アンティーク」を最後にこの手のゲームはやっていません(「誰彼」は先にプレイ済、「うたわれるもの」は一本道で選択肢が関係ない)。

しかし、過去にたった一つだけ、自分がこうしたいと思う通りに選択肢を選んだら、どのシナリオでもそれがシナリオライターの提示する本筋の物語だった、というゲームがありました。シナリオライターの感覚と自分の感覚が非常に近かったのでしょう。そのゲームはインスパイアの「かえで通り」で、シナリオライターは穂高望氏、キャラクターデザインは神宮寺りお氏です。インスパイアが活動を停止して久しいため、もう中古でも入手困難だと思います。

同じスタッフでWingから新作が出るそうですが、「edelweiss」の方は「femme fatale」の続編という感じで興味がそそられます(ああ、やっぱりダメ人間……)。



平成16年4月11日開設
平成17年4月17日移設
乗本 knorimoto
Website: サイト「楓葉雑記帳」
e-mail:
※当欄ではhCard を使用しております。